恐怖体験!ブルースクリーン体験記!!~原因編~

ブロガー日記
スポンサーリンク
たつごり君
たつごり君

こんにちは!お久しぶりです!たつごりです!

以前の投稿から約1週間半もの期間、投稿できずにいました。

僕、たつごりとしては、かなりの期間を開けてしまったと反省しているところです。

たつごり君
たつごり君

僕はまだ生き残ってるよ…ギリで

この約1週間半!

実はかなりパワーアップして帰ってまいりました!

というよりも、挫折寸前の出来事が起きてパワーアップせざるを得なかったという感じです。

その挫折寸前の出来事というのが

ブルースクリーン

あなたは、この言葉を聞いたことはあるだろうか。

通称青い死の画面

たつごり君
たつごり君

キャー――――――――――!!!

このブルースクリーンという現象。

まさにその名のとおり、パソコンの画面が青くなってしまう現象です。

想像してください。

 

 

あなたは、今日もパソコンでブログやYouTubeを楽しもうとしています。

そこにいきなり

何かしらのエラー

が表示されます。

あなたは

「ウィルスに感染したのか!?」

「大事なファイルを削除してしまっているのか!?」

なんてことを頭によぎらせながら、エラーの修復作業にとりかかります。

「エラーって、そんな大したことないだろっと」と自分に言い聞かせながら

ポチッ

再起動。

その次の瞬間!!

ブルースクリーン…

最初は何のことが分からず、とりあえず

ポチポチ

…デスクトップに画面が切り替わらない。

電源を切っては入れてを繰り返しても動かない…

ずっとブルースクリーンのまま。

大事な昔の思い出の写真、彼氏、彼女の写真、子どもの成長記録、家族写真はもう2度と見れません。

もうパソコンとはおさらば。

さようなら。

大事な思い出。

さようなら。

あなたの人生。

 

 

 

…すいません。

『2度と』は言い過ぎました。

僕のパソコン動いてますし。

たつごり君
たつごり君

ほんとうに良かったよ!!

でも、本当にこれで直らなかったもうこの世の終わりだと思っていました。

このなんとも恐ろしいブルースクリーン。

なってしまうと、まともにパソコンを起動することができなくなります

たつごり君
たつごり君

もはやデスクトップ画面にすら行かしてくれない!!

しかも、原因不明。

初めての経験だったので、本当に僕の顔から血の気が引いていくのが分かりました。

たつごり君
たつごり君

あっ…ヲワタ

では、なぜ起こったのか。

この記事では、そんな僕の恐怖体験ア〇ビリバボー体験記を元に、何がどう起こったのかを解説してあります。

今、まさにパソコンの画面がブルースクリーンで、スマホでこの記事をご覧のあなた!

大丈夫ですよ!

僕と

同じエラーコード

同じ前提条件

ならきっと直るはずです!(ちょっと言い過ぎてるかも…)

この記事の内容

ブルースクリーンが発生した考えられる原因

それではさっそく参りましょう!!

 

スポンサーリンク

ブルースクリーンが発生した考えられる原因

僕は、とにかくTwitterに自分のとった行動を備忘録として残しておくことにしました。

エラーコード『0xc000000e』

このエラーコードを検索をしまくりました。

すると、僕なりに考えられる原因が浮上してきました。

原因は大きく分けて2つ

原因その1

HDDからSSDへと換装して、データをクローン化して使っていること

原因その2

Xmindというマインドマップツールで発生したランタイムエラーを修正しようとした時の行動

 

HDDからSSDへの換装とは?

簡単に言えば、HDDからSSDに交換して

パソコンの動作を早くした

って感じです。

HDDからSSDへの換装手順を解説した記事もありますので、色々と原因を探りたい方は、そちらもご覧になってみてください。

 

データをクローン化とは?

これも簡単に言うと

HDDのデータをコピーしてSSDに貼っ付けた

って感じです。

たつごり君
たつごり君

ここではそこまで関係ないから深堀りしないでおくねー♪

 

Xmindとは?

これは頭の中を整理するのに超便利な

マインドマップツール

です。

パソコンとスマホにそれどれアプリをダウンロードしていると、クラウドを通じてデータを保存・共有することができます。

 

ランタイムエラーとは?

簡単に言えば

パソコンが処理しきれなくてお手上げ状態

って感じです。

ランタイムエラーになる原因はさまざまなようです。

開こうとしているファイルが破損していたり、存在しないなどがあるようです。

たつごり君
たつごり君

ちょっと何言ってるのかわかりません。

 

原因その1を解説

原因その1

HDDからSSDへと換装して、データをクローン化して使っていること

SSD換装をする手順のうちに

パーテーションスタイルをMBRに選択

という工程が出てきます。

この

MBRに選択

というものが、どうも怪しいと疑うポイントになっていました。

たつごり君
たつごり君

僕って天才かも!?

 

原因その2を解説

原因その2

Xmindというマインドマップツールで発生したランタイムエラーを修正しようとした時の行動

僕のパソコンは、HDDからSSDに換装してから1回も不具合なんてなかったんです。

なのに、ランタイムエラーを解消しようとあれこれいじった結果。

ブルースクリーンが発生しました。

たつごり君
たつごり君

悲劇すぎる…

では、具体的に何をしたのかというと、次のとおりです。

具体的に取った行動
  1. Windowsキー+Rキーを押して実行ウィンドウを開く
  2. 検索窓のようなところに『msconfig』と入力してOKボタンをクリック
  3. システム構成ウィンドウが現れ、『全般』タブで、『スタートアップの選択(S)』の『スタートアップの項目を読み込む』のチェックを外す
  4. 『サービス』タブに移動して『Microsoftのサービスをすべて隠す』にチェック
  5. 『すべて無効にする』をクリックして『OK』ボタンをクリック
  6. 再起動

1.~6.を2,3回続けて実行

結論からいうと、この具体的に取った行動を一切しなければ

ブルースクリーンは発生しなかった

んです!!

たつごり君
たつごり君

ガビ――――――ン!!

なぜなら、このランタイムエラー。

パソコンがどうこうというより

Xmind単体

の問題だったからです。

 

Xmindの問題点とは?

そもそも僕がXmindを使っている環境から説明していきます。

環境
  • パソコンはWindows
  • スマホはiPhone(iOS)

この時点でお分かりいただける方も多いと思います。

そうなんです!

OSが違うので、クラウドを利用して完全にリンクさせることができないんです!

これが原因で、ランタイムエラーが発生していたと予測しています。

たつごり君
たつごり君

あくまで予測だよん♪

 

ブルースクリーン発生のシナリオ(まとめ)

ブルスクリーンが発生するまでのシナリオを僕なりに推測してみました。

パソコン初心者なので、間違っているところもあるかもしれません。

が、大筋はあっているのかなぁ、と思います。

たつごり君
たつごり君

だいたい合ってたら許してネ!!

シナリオ
  1. パソコンの電源を入れた時に、起動するためのディスクが2種類ある、MBRとGPT
  2. 元々はGPTで起動していた
  3. SSD換装したことにより、MBRに僕自身の手で変更
  4. Xmindが原因でランタイムエラーが発生
  5. Microsoftのサービスをすべて無効へ
  6. Microsoftのサービスの中にMBRとGPTの項目もあり、デフォルト状態の『GPT』に強制的に戻された
  7. パソコンを再起動して、GPTのディスク内を読み込む
  8. GPT内には何もない
  9. ブルースクリーン発生

という予想になりました。

今回の記事はこれで終わりです。

たつごり君
たつごり君

長かった…

続編として

ブルースクリーンが解決するまでにやったこと

ブルースクリーンが解決してからパソコンが元の状態に戻るまで

も記事にしますので、お楽しみに!

記事が完成したらこのページも更新して記事のリンクを貼りますね!

たつごり君
たつごり君

ちょっと待っててね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!!

続編はこちら!⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました