恐怖体験!ブルースクリーン体験記!!~準備編~

ブロガー日記
スポンサーリンク
たつごり君
たつごり君

こんにちは!たつごりです!

今回は前回記事からの続編です!

前回記事がこちら!

前回は、ブルースクリーンが発生した原因について解説しました。

前提条件パソコンを取り巻く環境などの確認のために1度、前回記事をご覧になってから今回の記事を読み進めることをおすすめします。

今回は

この記事の内容

ブルースクリーン発生後から準備するまで

を解説しています!

前回の記事でもご紹介したのですが、僕のパソコンにブルースクリーンが発生しました。

たつごり君
たつごり君

悲劇の始まりだった…

今、まさにパソコンの画面がブルースクリーンで、スマホでこの記事をご覧のあなた!

大丈夫ですよ!

僕と

同じエラーコード

同じ前提条件

ならきっと直るはずです!

たつごり君
たつごり君

ちょっと言い過ぎてるかも…

それではさっそく参りましょう!!

 

スポンサーリンク

ブルースクリーン発生後から準備するまで

僕は、ネットであらゆる情報を集めてTwitterに備忘録として残しておきました。

それでは、順番に解説していきます。

 

準備するもの

まず、ブルースクリーン状態になってしまったパソコンを直すには、必要なものがあります。

必ず必要なもの
  1. Windowsインストールメディア
人によっては必要なもの
  1. USB
  2. ネットが使えるパソコン

このままではよく分からないと思いますので、解説していきます。

 

Windowsインストールメディアって何?

簡単に言ってしまえば

ブルースクリーンの画面から救出してくれるデータ

とでも言っておきましょうか。

たつごり君
たつごり君

ほんと、これがないと始まらない!

パソコンを購入した時に

CDかDVD

が付いているらしく、購入時の付属品だそうです。

っと、ここまでの流れでお察ししていただけた方はスゴイです!

そう!

何を隠そう僕はこの付属品を

紛失

していました。

たつごり君
たつごり君

薄っすらだけど捨てた記憶がある...

 

USBはなんでいるの? 

先ほど紹介した『Windowsインストールメディア』のデータを購入時の付属品としてお持ちの方はUSBは不要です。

僕のように

紛失してしまった

という方のみUSBのようなデータが保存できるものが必要になってきます。

たつごり君
たつごり君

無くしてなかったらもっと早く修復できてたなー...

ではなぜ、USBが必要なのか。

こたえは単純です。

Windowsインストールメディアのデータを

USBに保存する必要がある

からです。

この時の注意点!!

USBの保存ができる容量は

8GB以上のもの

をご用意して下さい。

たつごり君
たつごり君

な、なんで!?

これより少ないGB(ギガ)数だと

Windowsインストールメディアの容量がオーバー

してしまい

正常にデータを保存できない可能性がある

からです。

ちなみにですが、僕はAmazonでこれを買いました。

64GBもあれば安心してお使いになれると思います。

たつごり君
たつごり君

さすがに、、、デカすぎやろ

 

ネットが使えるパソコンってどういうこと?

Windowsインストールメディアのデータをダウンロードするためには

インターネット

につなぐ必要があります。

たつごり君
たつごり君

そんなもん分かっとるわい!!

 

 

思い出してください。

 

 

今、あなたのパソコンはブルースクリーン状態ですよね?

そのままではインターネット、使う事できませんよね!?

たつごり君
たつごり君

ハッ!!

僕は、この時点であきらめました。

なぜなら、僕の家には

パソコンは1台しかない

からです。

たつごり君
たつごり君

こんなん無理ゲーやん!!

この時点で、引きこもりな性格の僕は

家ですべて完結することができない!

という絶望感に襲われました。

たつごり君
たつごり君

あぁ、今すぐ直すことができないの確定や...

だいぶ話が僕のよりになってしまってすいません。

話を戻しましょう。

パソコンを元々2台お持ちの方、おめでとうございます!

もうWindowsインストールメディアの作成にとりかかることができますね!

たつごり君
たつごり君

僕ももう1台パソコン買おうかな...

しかし、2台お持ちでない方はWindowsインストールメディアをダウンロードする

ありとあらゆる方法

を考えなければいけません。

例えば
  1. 会社のパソコンを使ってこっそりダウンロードする
  2. 知人の家のパソコンからダウンロードする
  3. インターネットカフェにいってダウンロードする

これらの方法を参考にして、Windowsインストールメディアをダウンロードしてください。

失敗例

PS4でダウンロードする

僕は、この方法をいちよう試みてみました。

結果は案の定

PS4はこのデータに対応していません。

という表示が出て、即終了でした。

たつごり君
たつごり君

ちょっと期待したのに...

ちなみに僕は、妻の実家のパソコンからダウンロードして入手に成功しました。

たつごり君
たつごり君

仕事を手伝ってからダウンロードしたよ♪

 

ダウンロード時間ってどれくらいかかるの?

これは、ネット環境によると思います。

実際に、僕が妻の実家でダウンロードにかかった時間は

約2時間

です。

まぁまぁ時間かかってますよね!?

なので、こっそりやろうとお考えの方は

時間に余裕がある時

にされることをおすすめします。

たつごり君
たつごり君

時間がなかったら冷や汗がとまらないと思うよ♪

 

Windowsインストールメディアをダウンロードする

それでは、実際にWindowsインストールメディアをダウンロードしていきましょう!

ダウンロードのページはこちら。

たつごり君
たつごり君

USBはもう差しておいてね♪

手順の説明をしますが、ここでは僕が実際に行った手順で説明させていただきます。

手順その1

そのパソコンのWindows自体のアップデートから行うため

【今すぐアップデート】

をクリック

手順その2

ファイルを開き『許可しますか』と質問されるので

【はい】

をクリック

手順その3

アップデートが完了したら下にスクロールして

【ツールを今すぐダウンロード】

をクリック

たつごり君
たつごり君

ガンバレッ!!!

手順その4

ファイルを開き『許可しますか』と質問されるので

【はい】

をクリック

手順その5

ツールが起動してしばらくすると、『適用される通知とライセンス条項』という画面が出てくるので、画面が右下にある

【同意する(A)】

をクリック

手順その6

実行する操作を選んでくださいという画面に切り替わるので

【別のPCのインストールメディアを作成する

をクリックして選択し、画面右下の

【次へ(N)】

をクリック

たつごり君
たつごり君

ちょっと休憩する?

手順その7

ダウンロードが終了するまでしばらく待つ

手順その8

言語、アーキテクチャ、エディションの選択』という画面に切り替わるので、それぞれPCに合うものになっていれば画面右下の

【次へ(N)】

をクリック

手順その9

『使用するメディアを選んでください』という画面になるので

【USBフラッシュドライブ

をクリックして選択し、画面右下の

【次へ(N)】

をクリック

たつごり君
たつごり君

あと少しッ!!!

手順その10

『USBフラッシュドライブを選んでください』という画面になるので、実際にパソコンが認識している

【USBフラッシュドライブ

をクリックして選択し、画面右下の

【次へ(N)】

をクリック

手順その11

ダウンロードが終了するまでしばらく待つ(かなり時間が掛かる可能性あり)

手順その12

『USBフラッシュドライブの準備ができました』という表示になれば

『Windowsインストールメディア』

の作成は完了

画面右下の

【完了(F)】

をクリックして終了

たつごり君
たつごり君

お疲れ様ッッッ!!

 

次回告知

今回は

ブルースクリーン発生後から準備するまで

をお伝えしてきました。

たつごり君
たつごり君

長かった〜

次回の記事は

Windowsインストールメディアの準備からブルースクリーン解決するまで

をお送りしてまいります。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

たつごり君
たつごり君

次回、また会おうね!!

次回作がこちら!⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました