ちょっと待った!その契約、本当にあなたの意思ですか?~一貫性に潜む罠~

心理学
たつごり君
たつごり君

おはようございます!たつごりです!

 

今回は

 

今回のテーマ

考えることから逃げるために人は契約してしまっている

 

というテーマで進めていこうと思います。

 

 

あなたはこれまでにこんな経験ないですか?

 

 

  1. もう悩むのに疲れた、契約してしまおう
  2. ややこしくてよく分からない、これを買って使えばわかるだろ

 

 

僕が、実際に同じような思いをした経験したことがあったので、今回記事にさせていただきました。 

 

たつごり君
たつごり君

あなたの参考になれば嬉しいな!

 

今回も影響力の武器

 

 

という本からヒントをもらって、僕なりの経験談を交えながら、解説していきます。

 

 

一貫性って一体何のことなの?

 

まず、一貫性について簡単にまとめると

 

一貫性とは?
  1. 最初から最後までブレない
  2. 芯が通っている
  3. 自分の行動や言動にブレがない

 

こんな感じです。

 

たつごり君
たつごり君

僕はよくブレブレだって言われるよ♪

 

では一体なぜ、この一貫性に罠が潜んでいるのでしょうか?

 

 

一貫性に潜む罠

 

一貫性とは、あなたにとって悪い方向に向かってしまえば

 

あなたの心の中
  1. これしかないからもうこれに頼ろう
  2. 1度これに決めたんだから、きっとうまくいくはず

 

と思い込んでしまうようです。

 

たつごり君
たつごり君

僕の心の中だ!!

 

この一貫性がもっとも恐ろしいのが

 

一貫性の罠

悪い選択だと分かっていても選択してしまう

 

というものです。

 

たつごり君
たつごり君

怖すぎる...

 

それでは、実際に僕がどんな経験をしたのかを解説していきます。

 

 

実際に経験した一貫性の恐怖

住宅展示場での恐怖体験

 

僕は、何の知識もないまま一軒家が欲しいと思い、妻ととりあえず住宅展示場へと足を運びました。

 

すると、とあるハウスメーカーが予算的にもデザイン的にもしっくり来るものを見つけました。

 

僕と妻はそのハウスメーカーに決めて、注文住宅の話を進めていくことにしました。

 

たつごり君
たつごり君

これが恐怖の始まり...

 

営業マンは、それはそれは親切で丁寧な対応をみなさんがとってくれます。

 

営業マン
  1. 住宅に関する説明
  2. 土地に関する説明
  3. ローンに関する説明

 

なんの知識も無い僕が1回で理解できるはずもありません。

 

何度も聞き直したり、時には分かっているような素振りで聞いたりもしていました。

 

たつごり君
たつごり君

だって何回も同じことを聞くのは悪いと思って...

 

営業マンとの打ち合わせは、合計で5回くらい行われました。

 

いよいよ営業マンも畳みかけてきます。

 

僕の理想は、土地の広さが50坪くらいで家もコミコミで3500万円

 

しかし営業マンが提示してきた金額は理想を約1000万円も上回る4500万円でした。

 

たつごり君
たつごり君

何回も打合せして、こっちのこと理解してくれてると思ったのに上回ってくるの!?

 

これは僕のなかでどうしようかかなり悩みました。

 

僕の心の声

完全に予算オーバーだけど、色々話をしてきた営業マンが言うのだから大丈夫なのかな?

 

そして、ここからが一貫性の罠の発動です。

 

僕はこの家・土地探しに約1年という期間をかけてきました。

 

たつごり君
たつごり君

もうそろそろ限界...

 

お分かりいただけますでしょうか?

 

僕は

 

罠発動のきっかけ

約1年もの間ずーーーーーっと家・土地探しに頭を悩ませてきた

 

んです。

 

そして僕の心の中では答えが出てしまいました。

 

一貫性の罠
  1. もうこれ以上、家・土地探しに悩むのは疲れた
  2. これで契約してしまえば、この悩みから解放される
  3. 今契約しなければあの土地は誰かに買われてしまう
  4. 予算オーバーでもなんとかやっていけるだろ
  5. もう契約しよう

 

たつごり君
たつごり君

これはもう金銭感覚狂ってるよね~!

 

 

まとめ

 

これまでの一貫性の罠をまとめてみます。

 

一貫性の罠のポイント
  1. 約1年間、家や土地探しに苦労していたという悩み
  2. 悩んだ末に選んだハウスメーカーだからイイに決まってるという思い込み
  3. 早く契約しないと、他の人に契約されてもう2度と手に入らなくなるという焦り
  4. 高額過ぎて金銭感覚がマヒしたことによる判断能力の低下

 

これらが全て合わさり

 

結論

自分の思考・発言・行動に一切ブレがない自分でありたい

 

という思いがより一層強くなり、『一貫性の罠にハマって契約してしまう』ということみたいです。

 

ちなみに僕の場合は

 

妻ちゃん
妻ちゃん

ちょっと保留にしとこ

4500万円は高すぎるよ

 

という女神からのお告げがあり、その後も何度も女神からのお告げに助けられ契約は踏みとどまりました。

 

後日、営業マンから『他の方に契約された』と連絡が入り、その土地は諦めることに。

 

そして、たつごり家の住宅購入は一時休戦状態となり、今に至るのでした。

 

たつごり君
たつごり君

ありがとう妻ちゃん

完全に洗脳されていた僕を救ってくれて

 

これから住宅購入のような

 

  1. 高額商材・商品のもの
  2. 多数のやらなければいけないタスクがあるもの
  3. 内容を理解するのに苦しむややこしいもの

 

などの購入を検討される際は、是非、この『一貫性』という心理学のコトバと意味を理解していた方が、正確な選択ができると思いますよ。

 

たつごり君
たつごり君

あなたの人生が幸せでありますように!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました