たった1本のジュース、あなたはこれでどれだけの作業をしますか?

心理学
スポンサーリンク

  

たつごり君
たつごり君

おはようございます!たつごりです!

 

突然ですが、タイトルのとおりあなたは仕事中に上司から

 

『お疲れ様』

 

と言って缶ジュースか缶コーヒーをもらった経験はないですか?

 

たつごり君
たつごり君

そういえば昨日ももらったような...

 

今回はそのような場面で働く心理学の勉強

 

今回のテーマ

返報性の持つ力が良くも悪くも強すぎる

 

というテーマで進めていきたいなぁと思います。

 

たつごり君
たつごり君

今回もヨロシクネ!

  

以前、返報性の記事を作成しているのですが、あまりにもざっくりしていました。

 

ちなみに以前の記事がこちら⇩

 

今回はその反省を踏まえて、もう少し深く掘り下げていきます。

 

この記事から学べる事は次のとおりです。

 

何を学べる?
  1. 返報性が人に与える影響の度合い
  2. 返報性の悪い使い方の具体例(実験)
  3. 返報性の良い使い方の具体例(東北大震災)

  

今回も参考にする本は、影響力の武器です。

 

 

この記事は、影響力の武器という本からヒントを得て作成していますので、あらかめご了承ください。

 

 

スポンサーリンク

返報性とは?

 

以前にも記事にしたときに書きましたが、また改めて書いておきます。

 

返報性とは?

他人がこちらに何らかの恩恵を施したら、自分は似たような形でそのお返しをしなくてはならないというルール

出典:影響力の武器 著者ロバート・B・チャルディーニ

 

このルール、みなさん自分の意思でやっていると思っていますか?

 

答えは...NOです。

 

実は、自分の意思でやっているようで、やっていないんです。

 

たつごり君
たつごり君

そ、そーなのっ!?

 

 

返報性の真実

 

これはみなさんが何か親切なことされた、あるいはモノをもらったときを思い出してください。

 

こんな感情があなたの中にはありませんか?

 

あなたの心の中
  1. 親切にされっぱなしじゃ相手に悪い
  2. お礼をしなきゃ居ても立っても居られない
  3. 何か返さなきゃだめだ
  4. 何かもらったのに何も返さないとか相手にどう思われるか分からない
  5. 非常識だと思われたくない

 

この5つのうちどれか似たような想いがあなたにヒットすると思います。

 

いかがでしょうか?

 

無かったらコメントで教えてください。

 

たつごり君
たつごり君

まだ勉強中だから完璧じゃないんだ...

 

これらがあなたの心の中で起こることが分かっていながら近づいてくる人。

 

そんな人に対してするお返し。

 

果たしてそれは、本当にあなたの意思でやっていると言い切れるでしょうか?

 

そうなんです。

 

このテクニックを知っている人は、親切にされた・モノをもらった人が

 

『お返しをせずにはいられなくなる』

 

ということを知っているのです。

 

たつごり君
たつごり君

な、なんだってーーーー!?

 

もうお分かりいただけましたか?

 

そう。

 

自分の意思でお返しをするという選択をしているのではありません。

 

相手にお返しをするように仕向けられているんです。

 

たつごり君
たつごり君

ガビ――ン!!

 

 

返報性を唯一防御できる人

 

しかし、この手品みたいな返報性。

 

返報性のことを何も知らなくても、唯一防御できる人がいます。

 

それは...

 

『お返しをしようという気に一切ならない人』

 

です。

 

たつごり君
たつごり君

メンタル強すぎ―ッ!!

 

さっき上の方で紹介した、あなたの心の中の5つのこと。

 

これにあてはまらない人も中にはいらっしゃると思います。

 

もし、そういう人はどうなると思いますか?

 

防御できる人の末路

お返しをしなきゃという気持ちが

湧いて出来ない

お返しをしない

相手や周りの人から嫌われる

 

そうなんです。

 

お返しをしなければ嫌われてしまう可能性があるんです!

 

たつごり君
たつごり君

嫌われたくないよー...

 

しかし!

 

この嫌われることが怖くなくなると、返報性という魔法にかからないということになります。

 

よって、返報性を知らなくても唯一防御できる人は

 

『お返しをせず、嫌われても平気な人』

 

ということになります。

 

たつごり君
たつごり君

こういう人は返報性なんて勉強しなくても大丈夫だね!

 

 

返報性は相手の事が好きだから返しちゃうんでしょ?

 

これは驚くことなかれ。

 

結論から申し上げますと

 

『相手の事が好きでも嫌いでもあなたが恩恵を受ければ、受けた恩恵以上のことを返してしまう』

 

というのです。

 

たつごり君
たつごり君

なんでーーー!?

 

この理由がとっても分かりやすい実験があります。

 

心理学者デニス・リーガンという方はこのような実験を行いました。

 

返報性の実験
  1. 『美術鑑賞』という名目で集められた大学生に絵画の作品評価を実施させる
  2. 評価が終了したあと、大学生に紛れていた研究員Aがターゲットの大学生にそれぞれとあるアクションを起こす
  3. パターン1:研究員Aが自分の分と大学生の分のコーラを買って大学生に話しかけに行く
    パターン2:研究員Aがコーラは買わずに話しかけに行く
  4. それぞれのパターンを実行した研究員Aが大学生に頼みごとをする
  5. 『新車が当たるくじ付きチケットを売っていて、最も多くのチケットを売れば50ドルの賞金が手に入る』
    『1枚25セントのチケットを何枚か買って欲しい』
    『何枚でもいい、もちろん多いに越したことは無いけど』
  6. 大学生たちが研究員Aから何枚のチケットを買うのかという実験

出典:影響力の武器 著者ロバート・B・チャルディーニ

 

この実験で、パターン1とパターン2のチケットの枚数に差が開いたことは言うまでもないです。

 

たつごり君
たつごり君

親切ありと親切なしだもんね♪

 

しかし、注目すべきはここからです。

 

なんと!

 

頼みごとの前に小さな親切をした研究員Aのことに好意を持った人も好意を持たなかった人も

 

『チケットを買った枚数はほぼ同じ枚数』

 

だったんです! 

 

たつごり君
たつごり君

えぇぇーーーー!!

 

なぜ好意をもった人も好意を持たなかった人も同じくらいの枚数を買ってしまったのか。

 

理由はこちら。

 

理由

借りを返さなければという義務感を感じたから

 

そうなんです。

 

これは好きか嫌いかという問題ではなく

 

義務

 

だと感じてしまったからなんです。

 

たつごり君
たつごり君

なるほど...

 

つまり何が言いたいかというと

 

『普段、嫌悪感を抱いている人に対しても注意してください』

 

ということです。

 

あなたの身の回りでも1度考えてみてください。

 

こんな人はいませんか?
  1. いきなりインターホンを押して何かを勧誘してくる人。
  2. やたら話しかけてくるショップ店員。
  3. いつもエラそうに命令ばかりしてくる上司。

 

こんな人でも、あなたは先に小さな親切を受けると返さなくてはという義務感が発生します。

 

そして、お返しをしてしまいます。

 

たつごり君
たつごり君

怖い...

 

 

返報性は世界を救う

 

これまでは、返報性の暗いことばかりピックアップしてきました。

 

たつごり君
たつごり君

もう人間不信になりそう...

 

これからは、返報性が世界を救うということについて触れていきたいなと思います。

  

東北大震災の時に日本は、世界各国の支援を受けました。

 

出典:外務省HPより

 

これは日本人なら誰もが忘れてはいけない、世界各国からの恩恵です。

 

さらに、ここには載らない日本在中の外国人の方も多数現地に入りました。

 

とある日本在中のイラン人の方は炊き出しを何百回も行ったそうです。

 

このおかげで日本人がどれほどの数、救われたかはかり知れません。

 

たつごり君
たつごり君

これだけで泣けてくる...

 

なぜ、日本人でもないイラン人の方がこんなにも日本のために動いてくれたのか?

 

その要因には、イスラム教という宗教が強く関わっていました。

 

たつごり君
たつごり君

イスラム教?

なんかテロとかのイメージがあって怖いんだけど...

 

 

イスラム教聖書『コーラン』

 

このイスラム教には聖書があります。

 

『コーラン』

 

という聖書です。

 

この聖書の中にこのような教えがあるそうです。

 

『天災で人々が苦しんでいる時、何をおいても必ず、苦しんでいる人を助けに行きなさい』

 

これを聞いて僕は思いました。

 

たつごり君
たつごり君

なにを?

 

『ん?返報性は小さな親切をしてお返しをもらうこと...これは大きな親切ととらえられるかも?』

 

天災で苦しんでいる人の元へいち早く駆け付け、支援する。

 

『これにも返報性が発動すれば、どエライお返しが来るのではないか?』

 

そう思いました。

 

たつごり君
たつごり君

確かにそうかもしれないけど...

 

このコーランという聖書を書いた人は、このことを知っていて天災で苦しんでいる人々を助ける教えを書いたのではないか?...

 

...いやいや。

 

そんなことはどうでもいい。

 

仮にそうだったとしても、現に救われた人が数多くいるのだから。

 

このコーランの教えを信仰して、現地に向かった人の中で見返りを求めていた人なんか一人もいないと思います。

 

というか個人的にそう信じています。

 

この困っている人々を救うコーランの教え。

 

僕はとても好きになりました。

 

この返報性が世界を救い世界が平和で戦争の起こらない世界へと繋がればといいなと思う今日この頃です。

 

たつごり君
たつごり君

返報性は世界を救う!!!

 

 

まとめ

 

返報性とは

 

まとめ

使い方によっては、人を傷つけることもできるし、人を救うこともできる

 

ということでした。

 

心理学全般に言える事かもしれません。

 

僕は今学んでいる心理学を使って、多くの人の役に立ち、そして僕自身も心理学に助けられて生きていけるような人生を送りたいなと思いました。

 

たつごり君
たつごり君

これからもよろしくね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

たつごり君
たつごり君

またねー♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました