フリーランスの税金のことが書かれた漫画を読んだ感想のようで感想でなさそうな感想

スポンサーリンク
たつごり君
たつごり君

おっはようございまぁーす!

たぁぁつごりでっすぅぅ!!

みなさん!

税金について勉強したことありますか?

僕は初めてでした。

というか今まで考えもしなかったです。

会社員の僕にとってはこんなことは一切関係ないと思っていたので、見向きもしてきませんでした。

しかし今回、税理士の大河内薫先生漫画家の若林杏樹先生のこの本↓

からかなり得るものがありました。

この本を読み終えた感想を申し上げますと

『より早くフリーランスになりたくなった!』

ということです。

画像にあるもう1つの

『世界一やさしいフリーランスの教科書1年生』

はまだ読んでないので、また読み終わったらレビューしますね。

スポンサーリンク

人とは違う、違い過ぎる性格(集団行動苦手)

僕は性格上、こだわるところはトコトンこだわっちゃうようなところがあります。

例えば、洗車をする時、みなさんはどんな洗車方法をしますか?

外見を美しくするのはもちろんですよね?

洗車をしないという人がいたらごめんなさい。

僕の場合、外見をピカピカにするのはもちろんのこと、雨が降ってもフロントガラスの水はじきが良くなるように必ず

ガラコ

はしますし、もちろんWAXなんかもよろこんでやります。

また、車内の下に敷いてるマットはみなさん外して掃除しますか?

これは全然僕だけでは無いと思います。

いつもマットを外して、溜まっている砂利やゴミなどを一つ残らずキレイにすることに快感を感じながら掃除しています。

このように時間を忘れて何か一つのことに没頭している状態を心理学用語で

フロー

というそうです。

メンタリストDaiGoさんが本で言ってました。

あっ。

だいぶ話がそれてすいません。

何が言いたかったというと

フリーランスに早くなりたい!!
  1. フリーランスになるに向けて経費として計算するためのレシートや領収書をきれいに月ごとや日付事に整理したい!!
  2. キレイに整頓された領収書の山を眺めながら着々と積み重なっていく自分の売り上げを眺めてみたい!!

と思ったからです。

僕はおそらく人と感性が若干ずれています。

人が嫌がること、人がやりたがらないことをするのが好きだったりします。

じゃないと今の安定の職を捨ててまでフリーランスになろうなんて考えにならないですよね?

僕はこの性格が変な性格だとは分かっています。

だから集団行動が苦手です。

群れるのがすごく苦手です。

気の合う仲間や友達は別なのですが、上っ面の付き合いでただただ仲良くしてる風にいるのが苦手なんです。

独立の前に孤立している自分…

最近ようやく気が付きました。

今まではおそらく、周囲の同調圧力に負けていただけだったんだと思います。

仲良さそうにしている人たちを見ていても結局裏では悪口を言ったりしています。

僕の心のなかでは

『悪口を言うくらいなら付き合わなければいいのに』

と思ってしまいます。

その結果、職場で今何が起こっているのかというと

孤立

しています。

僕はほぼ無口です。

ほぼしゃべりません。

僕自身に話題が向いた時だけ全力の愛想笑いをしています。

この環境が居心地がイイかと言われれば

悪いに決まってます!

一刻も早く退職してフリーランスになりたいです。

僕は基本的に群れるのは嫌いですが気の合う仲間や友達は別なんです。

心を許せる人とならどれだけでも群れていたい。

詰まるところ、今いる職場に僕と気の合う人が1人もいないということです。

自己分析した結果、僕の性格というより性質は

  1. わがまま
  2. 集団行動が苦手
  3. 自分がしたいことが出来ないと爆発してしまいそうになる
  4. やりたい事が出来なくて抑制なんかされるとワナワナしてきて居ても立っても居られない感覚に襲われる

フリーランスに向いていると思う(知らんけど)

こんな僕が出した結論が

『フリーランスに向いているんじゃないか?』

ということです。

漫画で勉強してからより一層思うようになりました。

ちなみにこの漫画のAmazonのレビューを見てみると、この本の評価は★の数が4.5個もあります

更にレビュー数が約1,900と化け物級のベストセラー商品なんですね。

そりゃ僕みたいに今までまともに勉強をしてこなかった人間でも分かりやすいわけだ、ということです。

なんか本の宣伝みたいになってしまってますが、そんな気はサラサラないです。

本当です!

そんな気はサラサラないです…

サラサラないです…

サラサラないです

サラサラないです…

でも本のリンクはもう1回貼っておきますね。

心の声

(あわよくばみんなにも買って欲しいなんて口が裂けても言えない…言えない…)

以上が僕がこのビジネス漫画本を読んだ感想のようで感想でなさそうな感想でした。

これからも色んな本の感想をちゃんと感想として伝えられるか分かりませんがお伝えしていきますね!

今回の記事みたいにゆるふわした記事が他にもございます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました