Twitterでよく見る被リンク企画の落とし穴~ペナルティの恐怖~

SEO検定
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

この記事はこんな方におススメ!
  • 被リンクって何となくは知ってるけどあまり深く考えたことがない
  • 被リンク企画って大丈夫なの?
たつごり君
たつごり君

こんにちは!
たつごり(@Tatsu__Gori)です!

コロナウィルス第6波が猛威を振るっています。

みなさんは大丈夫ですか?

僕は今のところ無事です。

コロナとは全く関係ありませんが僕は最近、肩コリや首周辺に違和感を感じるようになってきました。

この前も34歳なのに四十肩になりましたし…

たつごり君
たつごり君

はっ!!
もう今年にはアラフォーになるのか!

まだ心は16歳のままなのに…

さて、初心者ブロガーのみなさん!

被リンクって聞いたことありますか?

僕も本を読むまでは具体的によく分かっていませんでした。

たつごり君
たつごり君

僕もみんなと同じ初心者だからね♪

そこで今回も、何回も寝落ちしながら勉強した内容をアウトプットしていこうと思います。

たまにTwitter上でも目にすると思うんですが

大感謝祭!!被リンク企画やります!!

みたいなのがあるじゃないですか?

あれがどうもGoogle的には微妙なラインのようで…

たつごり君
たつごり君

僕も意味も分からずやろうとしてたのが怖い…

Googleが出しているガイドラインの中にやってはいけない行為というものが存在します。

その内の1つで

リンクプログラムへの参加

というものがあります。

リンクプログラムが何かというとカンタンに言ってしまえば被リンクのことです。

しかし!!

あなたの心の中
  • 被リンク企画みんなやってるじゃないか!
  • なんでやったらダメだみたいなこと書いてんだよ!!

と思ったそこのあなた!

1度冷静になって、この言葉を聞いてください。

”最強の剣”とは…守りたいものを守り、斬りたいものを斬る力。触れるものみな傷つける様な剣は、私はね…”剣”だとは思わない

ONE PEACE コウシロウ

これはワンピースに出てくるゾロの師匠コウシロウの名言です。

僕の記事を読み終わるころにはきっと、この名言の真意が理解できることだろう。

たつごり君
たつごり君

はい!
すいません。

ちょっとした中2病コーナーでした。

この記事を読むとこんなことが学べます。

この記事でわかること!
  • 被リンクを正規にたくさんもらうのは難易度が高い理由
  • 質の低いサイトばかりから被リンクをもらっていると最悪の場合ペナルティをくらう理由
  • 被リンク企画は主催者の人気や属性を見る必要がある理由

この記事を読み終えたあなたは、被リンクについての初歩的な知識が身に付きます。

この初歩的な知識を持っているのと持っていないのとでは、今後のブログ運営に大きく影響することでしょう。

逆に、この記事を読み終えたあなたは、以前よりも確実に成長しています。

またこの記事までたどり着いたということは

  • Twitterからアイキャッチをタップしてくれた方
  • 検索して見に来てくれた方
  • たつごりぶろぐを周回してくれている方

だと思うので、相当な行動力の持ち主だと思います。

たつごり君
たつごり君

た、只者ではないな!?

被リンクについて調べている時点で、とても学習意欲のある人物であるとも想像できます。

たぶん普通の人なら、アイキャッチを見てもスルーすると思いますし、被リンクについて調べようともしないと思います。

こんなにも行動力があって能力がある人にはきっとチャンスが訪れるはずです。

たつごり君
たつごり君

イイことありますように☆彡

そんな優秀なあなたでも、自分のことを他人と比較してしまっている…なーんてことありますよね?

大丈夫です!

僕もあります!

常に過去の自分とだけ比べて成長を実感していけば問題ありません!

たつごり君
たつごり君

これは完全に自分に言い聞かしているよ♪

僕の記事を本気になって読んでくれている、そんなあなたは僕にとってかけがえのない存在です。

こんな意識高い系の記事を開いている時点であなたはとても優秀な方だとお察しします。

たつごり君
たつごり君

職場でもきっと優秀な人材と評価されているはず!

きっとこの記事もサラサラ読めて理解ができることでしょう!

そんなあなたに、今回僕がインプットのために読んだ2冊の本をご紹介をしておきます。

1冊目は、難しいSEOをちょいちょいネタを挟みながら優しく教えてくれる本

沈黙のWebマーケティング
アップデートエディション
―Webマーケッター ボーンの逆襲―
著者 松尾茂起/作画 上野高史
エムディーエヌコーポレーション

2冊目は、全日本SEO協会を創設された方が出版された本

世界一やさしい ブログSEOの教科書1年生
著者 鈴木将司
ソーテック社

この2冊から、本ページと関連性のある部分を抽出しています。

それではさっそく参りましょう!

 

スポンサーリンク

被リンクとは

被リンクとは、カンタンに言ってしまえば

あなたのブログ記事が他のブログからリンクを貼られて紹介されているかどうか

ということです。

例えば、僕のこの記事を読んでくれた読者さんがたまたま、SEO界隈で権威のあるAさんだったとしましょう。

そのAさんが僕の記事を読んで「これはいい記事だ」と思ってAさん自身のサイトに僕の記事のリンクを張って紹介してくれました。

たつごり君
たつごり君

そんなことあったらテンション爆上がり確定だよ!!

Aさんがリンクを張ってくれたことで、僕はとても素晴らしい方からの被リンクを頂けたということになるのです。

たつごり君
たつごり君

すてきなお話♪

しかし実際のところ、こんなにもうまくいくはずがありません。

被リンクでの記事の評価基準は、非常に難しいとされています。

たつごり君
たつごり君

なんで!?

なぜ難しいかというと、単純に記事の質をあげればイイという訳ではないからです。

例え話で紹介してくれているAさんのように

本当にリンクを貼ってくれる人の気持ち
  • この記事は良い記事だ!
  • 私のサイトでも紹介したい!

と思ってくれる必要があるため必然的に難易度が上がる、という訳ですね。

たつごり君
たつごり君

被リンクもらうのってそんなに難しいんだ~…

 

被リンクって誰からもらっても大丈夫なの?

結論からいうならば、被リンクは誰かれ構わずもらってもイイ訳ではありません

ちょっと妄想していきます。

たつごり君
たつごり君

しばらくお付き合いください

あなたはブログを始めてまだ3カ月目。

なんとか上位表示させたいけど、いい方法が思いつかない。

でもお金だけならある。

そこで思いついたのが自分で新規のドメインを買いあさって、新たなブログを50個立ち上げ、メインのブログに被リンクを当てまくるということ。

あなたは、あたかもメインのブログが紹介されているかのように自作自演しました。

たつごり君
たつごり君

あれま~…

この自作自演で、あなたは検索順位が上がるのものだと思い込んでいました。

しかし、一向にブログ記事の順位は上がってきません。

それどころかたまたま検索上位にだった、あなたのエース記事までも順位が下がっていたのです。

たつごり君
たつごり君

オーーーーマイゴーーーット……

たつごり君
たつごり君

お付き合いいただき、ありがとうございました

このような現象が起こるにはしっかりとした根拠があります。

Googleは、質の高い被リンクだけを評価するように、日々検索アルゴリズムを改善しているといいます。

では、質の高い被リンクとは一体何なのでしょうか?

質の高い被リンクとは、権威性のあるサイトです。

たつごり君
たつごり君

ふむふむ!

具体的には以下の通りです。

権威性のあるサイトはこちら!
  • 特定のジャンルにおいてそのジャンルに属する集団から尊敬されている企業、団体、または個人のサイト
  • 政府機関、公共団体、学術機関、上場企業など社会に大きな影響力を持っている組織のサイト
たつごり君
たつごり君

カンタンに言ってしまえば

人気のあるサイトやブログ

専門家によるサイト

ってことだね♪

では、なぜ質の高い被リンクじゃないとだめなんでしょうか?

質の高い被リンクは評価されます。

しかし、質の高い被リンクとは逆で、質の低い被リンクは評価されないからです。

むしろ、質の低い人気の無いサイトからの被リンクばかり受けていると、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

たつごり君
たつごり君

ペナルティこわーーーい!!

 

結局、被リンク企画ってアリなの?ナシなの?

被リンク企画は、その主催者のことをしっかり見極めてから参加するようにしましょう、というのが結論です。

では具体的になにを見て判断すればいいのかと言うと

主催者のココを見ろ!
  • 人気のあるサイトかどうか
  • 自分の運営するブログのテーマと関連性が高いかどうか

をしっかり見極めなければいけません。

人気のあるサイトかどうか

人気のあるサイトというのは、それだけ人から信頼をされているという証拠

有名サイトからリンクされている」=「信用がある」とGoogleは認識して評価を高めてくれるそうです。

たつごり君
たつごり君

へぇ~そーなんだー!

また、人気があるサイトやブログかどうかというのを判断する目安として、ドメインパワーを調べてみるのもありだと思います。

たつごり君
たつごり君

ドメインパワーを調べるサイトのURLを載せておくね♪

自分の運営するブログのテーマと関連性が高いかどうか

次に、『自分の運営するブログのテーマと関連性が高いかどうか』が、なぜ大事かというと話をしておきます。

まず、リンクを貼りたいと考える人の立場から考えてみてください。

おそらく、全く関係のないサイトから全く関係のない内容のリンクを張って紹介したいなんて思わないですよね?

たつごり君
たつごり君

言われてみれば確かに…

Googleは、このように全く関係のないサイトからの被リンクは「何らかの不正リンクである」とみなす可能性があるようです。

たつごり君
たつごり君

み、みなされたくない…

では、なぜここまで被リンクに気を付けなければならないのか?

それは…

最悪の場合ペナルティを受けるからです。

たつごり君
たつごり君

ぺぺぺぺぺぺ、ペナルティ!?

せっかく順位が上がった記事もペナルティを受けて、順位が下がって最終的には圏外

な~んてことになったら超ショックですよね?

たつごり君
たつごり君

もう…立ち直れない…

なので、被リンク企画に参加する際は主催者をしっかりと見極めて参加するようにしましょう。

ちなみに僕のブログが人気が出てくるのはこれからなので、被リンク企画はしばらく開催しません。

たつごり君
たつごり君

人気が出てきたら被リンク企画やっていくね♪

 

まとめ(被リンク企画への参加は慎重に)

いかがだったでしょうか?

それでは最後にサクッとおさらいして終わりにしたいと思います。

被リンクのまとめ!
  • 単純に記事の質をあげればイイという訳ではなく、人に紹介してもらえる記事作成が必要なため、被リンクによる評価基準は必然的に難易度があがる
  • 質の低い人気の無いサイトからの被リンクばかり受けているとGoogleからペナルティを受ける可能性がある
  • Googleは、全く関係のないサイトからの被リンクは不正リンクとみなし、ペナルティを科すおそれがあるため、主催者をしっかりと見極めて参加する必要がある

以上が『Twitterでよく見る被リンク企画の落とし穴~ペナルティの恐怖~』でした。

これからもSEOや、心理学に関する記事などを投稿していきます。

たつごり君
たつごり君

もっと早くに知っていれば良かった

と思える知識を発信していくので

後悔したくない

という人はぜひチェックしてね♪

僕の記事を読んで少しでも良かったなと思っていただければ僕はとても喜びます。

コメントやTwitterでのリプも気軽にドシドシ送ってきてください!

これまでもたくさんの応援メッセージや祝福メッセージをいただき、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

モチベーションが上がってブログ継続にも繋がっています

たつごり君
たつごり君

送ってきてくれた方々、本当にありがとうございました!

また、検索上位にあがる仕組みなんかをゆる〜く解説した『第6回ブログ初心者が検索上位に上がるために抑えておきたい3STEP』もあるので、是非チェックしてみて下さい。

きっとSEOのこと少しは詳しくなるはずです!

リンクを貼っておきますね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

たつごり君
たつごり君

ありがとうございました♪

またSEOに段々と興味が湧いてきて自分で勉強したいぜ!!

と思った意識高い系のあなたのためにこの記事で紹介した2冊の本のリンクを貼っておきますね。

よかったらチェックしてみてください。

たつごりのプロフィール
この記事を書いた人
たつごり

☆9ヶ月目で100投稿達成☆
 
 
SEO・マーケティング・心理学のそれぞれの検定に合格すべく、日々猛勉強中!
 
資格を取得し、妻と子供が2人いる状態で会社を辞め、フリーランスブロガーを目指す34歳の男です!
 
『Web知識0、営業経験0からでも勉強してフリーランスになって家族を養って行くことはできる!』
ということを証明する為に、日々の勉強内容をブログでアウトプットしています!
 
同じ様な境遇の方は記事が参考になるかと思いますので、是非、僕の事をフォローしてブログをチェックして下さいね!
 
Twitterでリプライをくれるとめちゃくちゃテンション上がります!
 
趣味は釣りとゲームです!
(※勉強の為、ゲームは現在封印中)
 
趣味でも共通の話題なんかが出来たら嬉しいです!
よろしくね(^O^)

\たつごりのTwitterはこちら/
SEO検定
スポンサーリンク
\シェアしてくれるの?✨/
\たつごりのTwitterはこちら/
たつごりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました