このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないの?ブログの見直し方と共感を得る方法!マーケティング検定視点で解説

マーケティングマネジメント
スポンサーリンク
この記事はこんな方におススメ!
 
  • ブログの見直し方ってどうやるの?
     
  • 共感ってどうやったらしてもらえるの?
たつごり君
たつごり君

こんにちは!
たつごり(@Tatsu__Gori)です!

今回は

ブログの見直し方や共感を得る方法が知りたい!

って人に向けた記事です!

マーケティングの

マーケティングマネジメント

という基礎知識をもとに解説していきます。

 

マーケティングマネジメントとは?
 
  • 環境分析や製品開発、消費者の手元に届いたあとまでの一連の流れであるマーケティングプロセスを効果的かつ効率的にすすめるための管理手法

一連の流れをまとめた記事がこちらです。

よかったらぜひ、参考にされてください。

 

たつごり君
たつごり君

この記事は、マーケティング検定視点で

マーケティングマネジメントをうまく成功させる2つのコツ

について出来る限りかみ砕いて解説しているよ♪

 

この記事を読むと、具体的なブログの見直し方と共感を得る方法が分かります。

結論は、自分の中での甘えを断ち切り、コメントからの意見を率直に受け止め、プロフィールを詳しく書いていこう、ということです。

それではサクッと参りましょう!

 

スポンサーリンク

マーケティングマネジメントをうまく成功させる2つのコツ

部署の隔たりに関係なく動ける環境を作る

企業で求められていること
 
  • マーケティング組織には、関係部署を全体的に最適化していくために横断的に見渡す位置付けが求められている
たつごり君
たつごり君

なんで?

なぜなら、環境分析から始まり、製品開発、消費者のアフターケアに至るまでの一連の企業活動をマーケティングが担っているからです。

 

これはブログでも考えることができます。

たつごり君
たつごり君

待ってました♪

 

ブログは基本的に1人で全ての工程をしていかなければならない訳ですが、だからこそ落とし穴があると僕は思っています。

その落とし穴とは

雑に計画してしまう

ということです。

たつごり君
たつごり君

ぼ、ボクのことだ…

 

1人だからこそ、甘えが生じていませんか?

たつごり君
たつごり君

ギクッ!!

 

会社のように部署の隔たりを考える必要はありませんが、全て1人でやるからこそ、『ここはこれくらいでいっか!』という風になっていまうと思います。

たつごり君
たつごり君

(ボクのことなんて口が裂けても言えないよ)

 

その結果、自分中心で考えてしまったブログになってしまい、誰にも読まれないということになります。

たつごり君
たつごり君

そこまで言わないでーー!!

 

それでは読まれないブログ読まれるブログの特徴をそれぞれ見ていきましょう!

 

読まれないブログ

読まれないブログの特徴とは?
 
  • 自分中心
     
  • 自分視点で記事作成
     
  • 自分がイイと思う記事を量産すれば読まれると考えている
     
  • 読者が『欲しい』と思う記事でなければ読まれない

自分中心の記事が、うまく読者の『欲しい』にヒットすればいいとは思いますが、最悪の場合、ブログが読まれなくなり挫折をしてしまう、という風になると思います。

たつごり君
たつごり君

挫折はイヤだーー!!

  

読まれるブログ

読まれるブログの特徴とは?
 
  • 読者中心
     
  • 読者視点で記事作成
     
  • 読者が未だに気付けていない新たなニーズを創造している
     
  • 読者が『欲しい』と思う記事にマッチしやすく読まれやすい
たつごり君
たつごり君

ボクのブログもまだまだこれからだぜー♪

 

消費者視点に立ってマーケティングをするからこそ、環境分析や製品開発、アフターケアにも携わる必要がある。

なので結論は、関係部署をスムーズに動き回れるマーケターが必要不可欠、ということですね

たつごり君
たつごり君

ブログでは自分自身の甘えに注意しようね!

 

顧客視点のアイデアを創り出す

顧客視点のアイデアってなに?
 
  • 事業やブランドの存在意義(ブランドパーパス)や体験価値(ブランドエクスペリエンス)につながる価値を創造するアイデアを創出すること
たつごり君
たつごり君

存在意義と体験価値って何なんだ?

 

存在意義(ブランドパーパス)とは?

存在意義(ブランドパーパス)ってなに?
 
  • ブランドの存在意義や社会・生活への貢献視点で価値を捉え直すアプローチのこと

カンタンに言うと、社会や生活に貢献できるような価値を消費者のみなさんと一緒に創り上げていきましょう、ということですね。

たつごり君
たつごり君

みんなと一緒に進んでいこう♪

 

具体的にブログでいうと

コメントやTwitterでのリプライ

です。

たつごり君
たつごり君

どういうこと?

 

良かったところを褒めてくれる人や、分からないところ質問してくれる人がいます。

そんな人々から頂ける貴重なコメントリプライをもとに新たな記事を作成していくといった感じです。

たつごり君
たつごり君

今までコメントやリプライをくれた方々、本当にありがとうございます!

 

結論は、消費者の声を聞くことで、製品の良し悪しを第3者目線で見れるので、より顧客ニーズに寄り添った製品開発が行える、ということです。

たつごり君
たつごり君

ボクもこれから進みながら改善を繰り返していくゼー!

 

体験価値(ブランドエクスペリエンス)とは?

体験価値(ブランドエクスペリエンス)
ってなに?
 
  • ブランドの世界観やストーリーを消費者に感じてもらうこと

カンタンに言うと、高級な世界観を演出したCMを見てもらい、ブランドの高級なイメージを感じてもらうこと
という感じです。

たつごり君
たつごり君

ボクはCMを見てすぐ『いいな~』って憧れてしまうタイプ♪

 

具体的にブログで言うとプロフィールがこれにあたります。

みなさんがおそらく最初の方に書いたであろうプロフィール。

しっかり自分のことを余すことなく書いていますか?

たつごり君
たつごり君

ボクは結構セキララに書いたのでここをクリックして見てみてね♪

 

プロフィールでは、みなさんのこれまでの人生そのものが文章として読者に伝わります。

そして、そこで読者が共通する部分を見つけると共感が生まれ、今後も読者として読んでくれるようになる、ということですね。

 

結論は、消費者に対し、TV、新聞、雑誌、YouTubeやSNSなど、様々な場面においてブランドの世界観やストーリーを伝えることで、共感が生まれて購入につながる、ということですね

たつごり君
たつごり君

ボクも世界観をもっと意識した方がいいのかな~?

まだ模索中~♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

それでは最後にサクッとおさらいして終わりにしたいと思います。

今回のまとめ!
 
  • 自分の中での甘えを断ち切りろう!
     
  • コメントからの意見を率直に受け止めてブログに反映させよう!
     
  • プロフィールを詳しく書いて共感してもらおう!

以上が『知らないの?ブログの見直し方と共感を得る方法!マーケティング検定視点で解説』でした。

 

これからもマーケティングSEO心理学に関する記事などを投稿していきます。

たつごり君
たつごり君

もっと早くに知っていれば良かった

と思える知識を発信していくので

後悔したくない

という方はぜひチェックしてね♪

 

この記事を読んで少しでも良かったなと思っていただければ幸いです。

コメントTwitterでのリプも気軽にどしどし送ってきてください!

これまでもたくさんの応援メッセージ祝福メッセージをいただき、とてもモチベーションが上がってブログ継続に繋がっています。

今まで送ってきてくださった方々、本当にありがとうございます!

たつごり君
たつごり君

ありがとうございます!

 

また

マーケティングマネジメントに関する知識をさらに深めて行きたいゼ

って方のために

マーケティングマネジメントで気を付けるべき2つの注意点

について詳しく解説した記事もご用意しております。

よろしければ、こちらもチェックしてみてください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

たつごり君
たつごり君

下にある『にほんブログ村のバナー』をポチッ!

と押してくれると僕の記事がどんどん読まれるようになって

僕がどんどん成長していく仕組みだよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この記事の参考文献はこちら!
  • ベーシック・マーケティング第2版
     
    (公社)日本マーケティング協会 監修
    恩藏直人・三浦俊彦・芳賀康浩・坂下玄哲 編著
    同文館出版
     
  • 超図解新しいマーケティング入門”生活者”の価値を創り出す「博報堂の流儀」
     
    博報堂マーケティングスクール 著
    日経BP
     
  • マンガ これ、いったいどうやったら売れるんですか?
     
    永井孝尚 著 永川成基 まんが原作 汐田まくら 作画
    SB Creative

 

たつごり君
たつごり君

商品リンクはこちら♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました